他社からの借入状況

銀行カードローンの審査を行うにあたって、他社からの借入が一体どれだけあるのかについて見極めることは、非常に大切なポイントになります。

この借入を全くチェックすることなく銀行カードローンの利用を認めたところで、過剰な融資をしてしまうことにもなりかねません。

これによって返済が不能な状態になってしまうようでは、本末転倒と言ってもおかしくありません。

そうならないようにするためにも、他社からの借入の状況がどうであるかについての審査が行われることになるのです。では、この状況に関しては、どのようにチェックがされるのでしょうか。

まず、借入の金額がどれぐらいあるかについてです。この借入については、言うまでもなく少ない方が有利になります。もし収入と借入のバランスがあまりにも極端ですと、銀行カードローンの利用そのものが厳しくなってしまいます。

例えばですが、年収が300万円の人が借入200万円もある状態ですと、さすがに借入が過多な状態になっていると言われても、決しておかしくはありません。次に、借入の件数についてです。

借入はあまりにも多いと、審査に通るのが不利になります。借入の件数が多数あるということは、返済における負担についても、それだけ多くなることを意味しています。

しかも負担するべき金利も大きくなるので、それだけでも大変になることは、目に見えています。以上の点から考えると、銀行カードローンの審査においては、借入件数も金額も審査では必要な情報になるのです。