銀行カードローンの総量規制対象外

カードローンにも色々なタイプのものがあります。中でも銀行カードローンは比較的高い人気を誇っています。もちろん、その人気にも要因があるのですが、ここではその要因の1つつぃて考えられている「総量規制対象外」という点についてお話します。

まず、この総量規制の概念とはどうういうものかについて理解する必要があります。総量規制とは、簡単に言えば借入に関するルールになります。

具体的に見てみると、手取り年収の3分の1以内までの金額しか借入を行うことはできません。一例を挙げますと、年収が450万円の場合ですと合計で150万円まで借入可能ということになります。この総量規制の目的は、必要以上に借入額を増やさないという点にフォーカスが置かれています。

ただし、銀行カードローンの場合は、この総量規制の対象外となっているのです。ということは、仮に年収が450万円の方であっても、借入については150万円以上できることもあります。

もちろん、極端な過剰融資は良くないですが、きちんと返済ができる程度であれば審査に通るケースも考えられるのです。では、銀行の場合はなぜそれが可能なのでしょうか。

それは、審査そのものの基準が高いからです。もちろん、どこの金融機関であっても借入における審査は行うことになりますが、銀行の審査が厳しいということは、有名な話です。

それだけ審査基準が違うということは、実際にサービスを利用する方々の返済能力などにも違いが出てくることになります。