複数のローンの返済順位

銀行カードローンを利用したいと思っているが、申し込みの段階で他にもローンを利用しているといったことも、良くあります。こういう時はローンの返済順位について考えてみることも必要です。

もしこの点まで思考が回るようになれば、銀行カードローンの利用がより賢くなります。では、複数のローンの返済順位ですが、一体どのように捉えてみるのがおすすめでしょうか。

この際に是非とも実行したいのは、借入金額の少ないものから返済を行っていくことです。例えばですが、もし5万円の借入と10万円の借入があるのであれば、前者の5万円の借入の返済から対処するようにします。

これは深く考えなくても理解できることですが、借入の金額が少ない方が、より早く完済にたどり着くことができます。そして1回完済をすることができれば、そこから次につなげていくことができます。

この感覚が非常に大切になってきます。そして次に金額の大きい借入に対処をすれば良いのです。これも1回目の返済の時と同様、完済に向かって集中的に返済を続けていけば、それで全く問題ありません。

もしこの段階で他の金融機関の借入が残っている場合は、必要最低限の返済をすれば大丈夫です。他の金融機関からの借入が減っていくペースはどうしても遅くはなりますが、どこか1つの金融機関の返済のペースが速くなれば、結果として返済のペースは良いということになります。

以上の点を意識して返済をしていけば、より賢明にカードローンと付き合っていくことができるようになります。

銀行カードローンの返済方法の確認

せっかく銀行カードローンという便利なサービスを利用するのですから、返済をするにしても賢く行う方が望ましいのは、言うまでもありません。

もしこの点を意識するようにすれば、今後の返済に困ることはそうないですし、銀行カードローンがいかに素晴らしいサービスなのか、実感することにもなります。

そして、まず大切になるのが、銀行カードローンの返済方法の確認を行うことです。では、この確認はどのように実行すると良いでしょうか。

その方法は、申込をする前に、ホームページで確認するか、あるいは金融機関の担当者に尋ねてみれば大丈夫です。返済方法について聞いてみると、実はいくつかの方法が存在することに気づきます。

例えばですが、元金均等方式とか元利均等方式といった方法です。この2種類の返済方法は、名前が似ているのですが、実は全く性質を異にするのです。

前者の元金均等方式ですと、毎月返済するべき元金については、同じ金額で設定されています。ただし、金利については毎月金額が違いますし、これも元金と一緒に返済していかないといけません。

それに対して後者の元利均等方式は、毎月同じ金額での返済となります。1万円なら1万円、2万円なら2万円という風に、毎月同額のペースで返済を行います。この金額の中に、元金も金利も含まれているようなイメージです。

返済を開始して最初の段階では、金利の割合が多いですが、返済をすればするほど金利よりも元金の割合の方が多くなります。プロミス 京都